歯医者で予防しよう〜虫歯や歯周病を放置するリスク〜

HOME>Utility>予防が大切!歯医者で定期的にメンテナンスしよう

歯の違和感は早めの治療を

歯医者では、虫歯や歯周病の治療を行なう一般歯科がよく利用されています。虫歯になってしまった歯は、削るなどの治療を行なって対処します。しかし、歯を削ることは歯にとってもダメージとなりますので、早めに歯医者へ行き、治療を最小限に止めましょう。

虫歯を放っておくリスクとは?

  • 痛みが強くなる
  • 抜歯の可能性
  • 完治までにかかる費用・時間が増える

虫歯は予防が大切

虫歯を防ぐには、歯にフッ素を塗布することで強い歯を作ることができます。予防歯科の一つである歯石除去を行うと、プラークが溜まるのを防ぐことができますので、虫歯や歯周病になるリスクを減らすことができます。

予防が大切!歯医者で定期的にメンテナンスしよう

白い歯

自覚しにくい歯周病

30〜40代の8割は歯周病であるといわれています。歯周病が進行すると歯茎が下がり、歯が抜け落ちてしまう危険があります。痛みなどの自覚症状がなく気付きにくいため、定期的に歯科検診を受けることをおすすめします。

診察室

歯は見た目の印象も大切

歯の矯正とは異なる審美歯科では、歯の形や詰め物の銀歯が気になる場合、金属以外のもので口元をきれいな印象にすることができます。審美歯科でも、見た目の美しさだけでなく機能性にも重視しながら治療を行なっていくことができます。

ミニチュア

歯が欠けてもきれいに修復

歯が少し欠けてしまったときには、ラミネートべニアによってきれいに修復を行うことができます。歯の隙間や色を白くしたい場合でも、歯を削る量が少ないので、負担を最小限に抑えながら治療を受けることができます。

広告募集中